キタムラマサコ

2001年 富山ガラス造形研究所 修了 金沢「牧山ガラス工房」を経て、現在は千葉県市川市のアトリエにて制作

使い終えた壜(びん)を中心に再生利用し、手を加えカタチを変えることで新たな用途を生み出すモノづくりをしています。
壜の個性的な形状や色、内側にひそむ滲んだような質感をいかしながら、
植物のための器やランプ、モビールなど、暮らしに寄り添うモノへと再生させています。


6